2014年10月13日

御嶽山、行方不明者の新たな発見に至らず

56人が死亡した御嶽山(おんたけさん)(3067メートル、長野・岐阜県境)の噴火で、警察と消防、陸上自衛隊の合同救助隊は12日、山頂付近などを捜索したが、新たな行方不明者の発見に至らなかった。
長野県災害対策本部は同日、台風19号の接近で降雨が予想されるため13、14日の捜索中止を決めた。

12日の捜索では、火山灰をスコップで掘り返すなどしてニット帽やジャンパーなどを見つけた。残る行方不明者は7人。11日に発見された1人については、長野県警がDNA鑑定を行い、身元の特定を急いでいる。災対本部は台風通過後の15日以降は、捜索範囲を山頂・剣ヶ峰から1キロ圏内の「重点エリア」外にも広げる方針。長野・岐阜の両県で5か所ある登山口から救助隊を入山させ、登山道周辺も再捜索する。

読売新聞 2014年10月12日
posted by saigaiweb at 18:49| 火山

2013年11月13日

ホームセンターで火災、男性が意識不明―兵庫明石

13日午前11時20分ごろ、兵庫県明石市魚住町清水のホームセンターの店員から、「トイレから炎が上がっている」と119番があった。県警明石署や消防によると、約20分後に消し止められたが、1階男性トイレの個室一つが焼け、60〜70代とみられる男性が全身にやけどを負い意識不明の重体、65歳男性が顔面などに軽傷を負った。

同署によると、軽傷の男性が「隣の個室から独り言が聞こえた後、爆発音が聞こえた」と話している。現場からは液体の入った缶が見つかっており、油の臭いがしたという。同署は意識不明の男性が出火に関与している可能性があるとみている。 

時事通信 2013年11月13日
posted by saigaiweb at 21:16| 火事

2013年10月16日

大島町の死者16人、不明51人に 台風26号被害

警視庁によると、16日午後4時現在、台風26号の影響で、東京都大島町で死者16人を確認した。役場を通じた情報ではほかに51人と連絡が取れていないという。

同庁は同日朝から、特殊救助隊や機動隊員ら約60人と警備犬2頭を現地に派遣し、行方不明者の捜索や救助活動にあたっている。

朝日新聞デジタル 2013年10月16日
posted by saigaiweb at 21:10| 台風

2013年09月19日

台風18号 「何も考えず飛び込んだ」川に流された男児を救出した中国人留学生

台風18号による豪雨などで、大阪では、増水した大阪市北区の淀川で16日夕に高槻市の小学4年の男児(9)が流されたが、中国籍の留学生、厳俊(イエン・チュイン)さん(26)が決死の覚悟で救出。厳さんは17日に現場で取材に応じ「助けられて本当に良かった」と語った。

厳さんは16日午後5時ごろ、淀川河川敷をジョギング中、「助けて!」という男児の声を聞き、「何も考える暇もなく」川に飛び込んだ。男児を抱えて4回ほど岸に上げようとしたが、自らも流されそうになった。

このためいったんは自分だけ岸に上がり、流される男児を横目に河川敷をしばらく追走した。その後、駆けつけた人が持っていたロープを腰に巻き付け、もう一度川に飛び込み、木に引っかかっていた男児を右手で抱え、左手で水をかいて岸に上がったという。

約3年前に来日。語学学校で日本語を学んで大阪大の授業を聴講するなどし、来春から大阪市立大大学院で経済学を学ぶ。週4回のジョギングのほか毎日プールで泳ぐことを欠かさないという。厳さんは「いったんは私の人生もここまでかと思ったが、泳ぎは得意なので役立った。大雨の日は絶対に川に近づかないでほしい」と話している。
厳さんには18日、大阪府警本部長と府警大淀署から感謝状が贈呈される。

産経新聞 2013年9月18日
posted by saigaiweb at 08:37| 洪水

長周期地震動も速報へ 気象庁、2年後めど

気象庁は18日、高層ビルを大きく揺らす「長周期地震動」の速報を早ければ2年後をめどに導入する方針を固めた。地震の揺れが届く前に出す現行の「緊急地震速報」のように、瞬時の備えに役立てる狙いがある。

長周期地震動は、地中では弱くなりにくいため遠隔地まで届き、ゆっくりと長く揺れるのが特徴。東日本大震災でも発生し、東京の新宿センタービル(54階建て)では約13分にわたる揺れが観測された。

現在、気象庁は起きた揺れの大きさを4段階で評価し、発生10分後をめどに「長周期地震動階級」として気象庁のサイトで伝えている。速報でも予測される大きさをこの4段階で伝える考え。速報の技術的課題などを2年間かけて有識者会議で詰めるという。

朝日新聞デジタル 2013年9月19日
posted by saigaiweb at 08:21| 地震

2013年09月18日

東京タワーガラス割れ男児けが=展望エレベーター2時間停止―地上2百メートル

17日午後2時半ごろ、東京都港区芝公園の東京タワーで、地上250メートルの特別展望台と同150メートルの大展望台を結ぶエレベーターの窓ガラスが突然割れ、エレベーターが緊急停止した。乗っていた男児(6)が割れたガラスで手の甲などにけがをし、病院に運ばれたが軽傷。警視庁愛宕署が詳しい原因を調べる。
運営会社や東京消防庁によると、エレベーターには当時乗客11人と操作員1人が乗っていた。エレベーターは下降中で、地上約207メートル地点で緊急停止。乗客らは約2時間閉じ込められた後に、降ろされた。ほかの乗客にけがなどはなかったという。
操作員らは「何かが飛んできてぶつかり、いきなりガラスが割れた」と話しているという。鉄板のような物が窓ガラスを破り、エレベーター内に飛び込んだとの情報もある。
特別展望台につながるエレベーターは1台しかなく、観光客約40人は職員の誘導で、階段で避難した。運営会社は当面の間、特別展望台の営業を取りやめるとしている。 

時事通信 2013年9月17日
posted by saigaiweb at 06:22| 台風

2013年09月16日

鳴り響くサイレン 福知山市全域に避難指示

16日午前5時40分、福知山市は市内全327自治会に避難指示を出した。対象は3万5474世帯、8万1246人。由良川の水位は福知山観測所で5時30分現在7m30cm。なおも上昇を続けている。死者2人を出すなど甚大な被害をもたらした2004年の台風23号災害の際の福知山観測所最高水位は7m55cmだった。
 
福知山市には現在「大雨特別警報」が発表されており、これまでに経験したことがないような大きな災害が発生する可能性がある。由良川の水位は7mを超えてなおも増え続けており、いつ重大な災害が起こってもおかしくない状況にある。
 
このため市は「浸水害及び大雨による士砂災害の危険がある区域にお住まいの方は、一刻も早く避難完了を」と求めている。ただし、避難する際は十分な注意が必要で、避難する時間がない場合や、避難することが難しい場合は無理に避難をせず、少しでも安全な場所ヘ移動するなど、命を守る最低限の行動をとることが大切だ−としている。

両丹日日新聞社2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:33| 台風

<もんじゅ>台風18号の土砂崩れで孤立 データ送信も停止

台風18号の影響で、福井県敦賀市の高速増殖原型炉もんじゅに通じる道路で土砂崩れが発生し、もんじゅが16日未明から孤立している。

同日午前2時56分、原子炉などの情報をもんじゅから原子力安全基盤機構(JNES)に自動で送るシステムにトラブルが生じ、データ伝送ができなくなったが、補修担当者が現地に行けない状態が続いている。情報は手動で送り、運転停止中の原子炉の安全性に問題はないという。

もんじゅを運営する日本原子力研究開発機構によると、16日午前7時ごろ、もんじゅから約2・5キロ離れた県道(同県美浜町)で土砂崩れが発生しているのを職員が発見した。県道はもんじゅに通じる唯一の道路。昨夜から、職員など約40人がもんじゅ内にいるという。県が復旧を急いでいる。

また、もんじゅ敷地内の正門付近の道路でも午前3時ごろ、土砂崩れがあり、通行できなくなっているという。

毎日新聞 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:31| 台風

フルーツラインで崩土、5世帯12人に避難勧告 台風18号でみなべ町

台風18号に伴う豪雨で16日、和歌山県みなべ町では同町と印南町を結ぶ町道黒潮フルーツライン西本庄古屋線が土砂崩れによって通行止めとなった。国道42号も雨量が規制値を超えて通行止めとなったため、主要な交通網が一時寸断された。南部川は氾濫危険水位を超え、町は住民5世帯12人に避難勧告を出した。

町建設課によると、黒潮フルーツラインの土砂崩れは、同町西本庄と東岩代の境付近で発生。16日午前0時10分ごろ、利用者からの通報を受けた日高広域消防から町に連絡が入ったという。詳細な規模は不明で同日午前10時現在、復旧のめども立っていない。

高速道路が通行止めとなる中、国道42号も連続雨量が規制基準の250ミリに達したため、16日午前2時20分から山内―西岩代間(延長約3・1キロ)が全面通行止めとなった。このため町には「迂回(うかい)路がないか」「規制解除はいつか」などの問い合わせが相次いだ。規制は午前8時10分に解除された。

南部川も増水した。町総務課によると、同日午前3時すぎに谷口水位観測所で避難判断水位(2メートル40センチ)を超えたことから、3時40分に同町谷口の片山地区の5世帯12人に避難勧告を出し、2世帯6人が生涯学習センター(同町谷口)に避難した。午前4時に氾濫危険水位(2メートル90センチ)に達し、その後3メートルを超えたが、徐々に水位が下がり、午前8時には避難勧告を解除。生涯学習センターに避難した人たちも午前7時ごろには帰宅した。
同町西岩代で民家の裏山が崩れたという情報もあった。

紀伊民報 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:28| 地滑り

土砂崩れや増水、列島襲う=各地で被害相次ぐ

台風18号の影響で、各地では被害が相次いだ。滋賀、福井両県で計2人が死亡し、福島、三重、兵庫各県で計4人が行方不明となった。けが人も相次いだ。

滋賀県警草津署によると、15日午後11時50分ごろ、栗東市下戸山で土砂崩れが起き、木造2階建て住宅の一部が流された。同署などが捜索し、この家に住む佐藤由紀子さん(71)の遺体を発見した。
福井県美浜町丹生では16日午前5時40分ごろ、住宅の裏山で土砂崩れが発生したと119番があった。この家に住む女性(77)と連絡がつかなくなり、県警敦賀署や消防が捜索。女性は心肺停止状態で発見され、死亡が確認された。
三重県警津署によると、津市芸濃町河内の県道で16日、放置されたワゴン車が見つかり、乗っていたとみられる名古屋市西区新道のアルバイト女性(41)と小学5年の娘(10)が行方不明となった。現場は川沿いで、路面が浸水していたという。
福島県南会津町古町の伊南川では16日午前10時10分ごろ、「男性3人が流された」と119番があった。県警南会津署などによると、うち2人は自力で岸までたどり着いたが、60代男性が流され、行方不明となった。3人は地元関係者で、アユ釣り用の足場の撤去作業中だった。
兵庫県西脇市野村町の野間川の河川敷では16日午前3時20分ごろ、消防団員が手押し車とビニール傘を発見。県警西脇署によると、近くに住む女性(92)が行方不明となり、県警や消防が川に流されたとみて、付近を捜索している。 

時事通信 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:24| 地滑り

土砂崩れや増水、列島襲う=各地で被害相次ぐ

台風18号の影響で、各地では被害が相次いだ。滋賀、福井両県で計2人が死亡し、福島、三重、兵庫各県で計4人が行方不明となった。けが人も相次いだ。

滋賀県警草津署によると、15日午後11時50分ごろ、栗東市下戸山で土砂崩れが起き、木造2階建て住宅の一部が流された。同署などが捜索し、この家に住む佐藤由紀子さん(71)の遺体を発見した。
福井県美浜町丹生では16日午前5時40分ごろ、住宅の裏山で土砂崩れが発生したと119番があった。この家に住む女性(77)と連絡がつかなくなり、県警敦賀署や消防が捜索。女性は心肺停止状態で発見され、死亡が確認された。
三重県警津署によると、津市芸濃町河内の県道で16日、放置されたワゴン車が見つかり、乗っていたとみられる名古屋市西区新道のアルバイト女性(41)と小学5年の娘(10)が行方不明となった。現場は川沿いで、路面が浸水していたという。
福島県南会津町古町の伊南川では16日午前10時10分ごろ、「男性3人が流された」と119番があった。県警南会津署などによると、うち2人は自力で岸までたどり着いたが、60代男性が流され、行方不明となった。3人は地元関係者で、アユ釣り用の足場の撤去作業中だった。
兵庫県西脇市野村町の野間川の河川敷では16日午前3時20分ごろ、消防団員が手押し車とビニール傘を発見。県警西脇署によると、近くに住む女性(92)が行方不明となり、県警や消防が川に流されたとみて、付近を捜索している。 

時事通信 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:23| 地滑り

大型台風、2人死亡4人不明=京都、滋賀、福井に初の特別警報―気象庁

大型の台風18号は16日午前8時前、暴風域を伴って愛知県豊橋市付近に上陸し、関東甲信を経て三陸沖へ縦断した。西・東日本では15日から断続的に非常に激しい雨が降り、各地で土砂崩れや河川の氾濫が発生。気象庁は16日午前5時すぎ、京都、滋賀、福井の3府県に大雨の特別警報を発表した。

特別警報は警報の上に位置付けられ、発表は8月30日の運用開始以来初めて。3府県とも16日午前11時半までに解除され、通常の警報に切り替えられた。

避難勧告や指示が出されたが、各県によると、滋賀、福井で計2人が死亡し、福島、兵庫、三重で計4人が行方不明となった。総務省消防庁によると、8府県で19人がけがをした。交通機関も大きく乱れた。

18号は16日午後5時、岩手県宮古市の東北東約60キロの海上を時速70キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。風速25メートル以上の暴風域は正午前に消滅した。南東側650キロ以内と北西側460キロ以内が15メートル以上の強風域で、北海道と東北、東日本が範囲内。
18号は16日夜までに北海道の南東海上で温帯低気圧に変わるが、その後再び発達する見込み。大雨のほか、強風や高波に警戒が必要。
17日午後6時までの24時間雨量は多い所で、北海道と東北150ミリ。17日にかけての最大瞬間風速は35〜45メートル、波の高さは6〜8メートルと予想される。 

時事通信 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:17| 台風