2017年01月25日

御嶽山噴火で遺族提訴。「警戒レベル引き上げ怠る」―国、県に賠償請求・長野

死者58人、行方不明者5人を出した2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境)噴火で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、死亡した登山者5人の遺族11人が25日、国と長野県に総額1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。

御嶽山では噴火前の9月10日に52回、同11日に85回の火山性地震が観測された。訴状で原告側は、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)に引き上げる基準の1日50回以上の火山性地震に該当しており、気象庁は遅くとも同12日早朝には引き上げる義務があったと指摘。火口周辺約1キロの立ち入りが規制されていれば、犠牲者は出なかったと訴えている。

県については、山頂付近などに設置した地震計2カ所が13年から故障しているのを知りながら、放置していたと指摘。県は地震計のデータを提供する協定を07年に気象庁と結んでおり、精度の高い観測ができていれば、噴火前に警戒レベルを引き上げられたと主張している。

気象庁はこれまで、火山性微動や地殻変動が当時観測されなかったなどとして、総合的に判断してレベルの引き上げを見送ったと説明してきた。

時事通信 2017/1/25
posted by saigaiweb at 21:24| 火山

2015年05月30日

口永良部島で爆発的噴火=火砕流発生、住民避難へ―1人やけど・鹿児島

気象庁は29日、鹿児島県・口永良部島の新岳で同日午前9時59分に爆発的噴火が発生し、火砕流が海岸に達したと発表した。同庁は噴火警報を出し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。口永良部島がある同県屋久島町は午前10時20分、島の82世帯137人に島外への避難を指示した。

鹿児島県などによると、70代の男性が火山灰でやけどをしたほか、病気の高齢者がおり、計3人をヘリコプターで屋久島に運んだ。海上保安庁によると、120人が島内の番屋ケ峰にある避難所に逃れており、島の北側の集落に8人が残っている。
安倍晋三首相は同日午前、「全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べた。
気象庁によると、噴煙は新岳の火口上空9000メートルに達した。火口周辺には噴石が飛散しており、火口から南東約10キロまでの範囲では小さな噴石が風に流されて降る恐れがある。多量の火山灰が火口から南東の屋久島方向へ流されている。火砕流は新岳の南西から北西側の海岸に達した。

時事通信 2015年5月29日
posted by saigaiweb at 16:52| 火山

2015年04月25日

チリのカルブコ火山、54年ぶりに大規模噴火

チリ南部にあるカルブコ火山で22日から23日にかけ、2度にわたり大規模な噴火が起きた。
チリ政府は非常事態を宣言し、火山から約20キロ・メートル圏内に住む約4000人に避難を指示した。

噴煙は上空約15キロ・メートルに達し、火山灰の影響を懸念して航空便の欠航が相次いだ。さらに大規模な噴火が起きる可能性もあるとして、チリ政府は周辺住民に警戒を呼びかけている。

カルブコ火山の大規模な噴火は1961年以来、54年ぶり。火山は首都サンティアゴから南に約1000キロ・メートルの場所にあり、標高は約2000メートル。

読売新聞 2015年4月24日
posted by saigaiweb at 21:14| 火山

2014年10月13日

台風19号、御嶽山ふもとの王滝村と木曽町、土石流警戒

御嶽山噴火による火山灰の堆積(たいせき)で土石流が起きやすくなっているふもとの長野県王滝村と木曽町は、避難所への物資などの準備を完了するなど、台風19号への警戒を強めている。

国土交通省によると、いつもは大半が地下に浸透する雨水が泥状になった灰の上を流れ、河川に流入する水が急増。流量の増加とともに、普段は動かない河床の石や土砂、流木を巻き込み、土石流が発生しやすくなる。

王滝村は、村の全職員約50人のうち約30人態勢で台風警戒に当たる方針だ。土石流で孤立する恐れがある滝越(たきごし)地区(10世帯14人)には、大雨注意報が発表された場合は避難勧告を出す。町は13日の日中に、地区住民を避難所へ運ぶためのマイクロバスを派遣することにしており、無職男性(66)は「バスを用意してくれるのはありがたい。乗って避難するかどうかは、台風の状況を見ながら考えたい」と話していた。

毎日新聞 2014年10月12日
posted by saigaiweb at 18:50| 火山

御嶽山、行方不明者の新たな発見に至らず

56人が死亡した御嶽山(おんたけさん)(3067メートル、長野・岐阜県境)の噴火で、警察と消防、陸上自衛隊の合同救助隊は12日、山頂付近などを捜索したが、新たな行方不明者の発見に至らなかった。
長野県災害対策本部は同日、台風19号の接近で降雨が予想されるため13、14日の捜索中止を決めた。

12日の捜索では、火山灰をスコップで掘り返すなどしてニット帽やジャンパーなどを見つけた。残る行方不明者は7人。11日に発見された1人については、長野県警がDNA鑑定を行い、身元の特定を急いでいる。災対本部は台風通過後の15日以降は、捜索範囲を山頂・剣ヶ峰から1キロ圏内の「重点エリア」外にも広げる方針。長野・岐阜の両県で5か所ある登山口から救助隊を入山させ、登山道周辺も再捜索する。

読売新聞 2014年10月12日
posted by saigaiweb at 18:49| 火山

2012年05月07日

桜島、今年500回目の爆発

桜島(鹿児島市)の昭和火口で7日午後0時45分、今年500回目の爆発的噴火(爆発)があった。鹿児島地方気象台によると、観測を始めた1955年以降で最速。

桜島では噴火警戒レベル「3」(入山規制)が継続中で、昭和火口と南岳山頂火口からそれぞれ2キロ以内が立ち入り禁止になっている。鹿児島地方気象台は噴石や降灰、豪雨時の土石流などに注意を呼びかけている。

毎日新聞 5月7日
posted by saigaiweb at 21:19| 火山

2011年12月09日

桜島爆発、3年連続で最多更新、噴火活発化、897回目―鹿児島

鹿児島県・桜島の昭和火口で8日午後11時54分ごろ、今年897回目となる爆発的噴火があり、これまでの最多回数を超えた。最多回数の更新は2009年から3年連続となった。

鹿児島地方気象台によると、爆発は2回を除いて、いずれも昭和火口(標高800メートル)で起きた。火山灰の噴出量は増加傾向にある一方で、規模は小さい。大規模噴火の兆候は見られないが、火山活動の活発化の傾向は続いているという。 

時事通信 12月9日
posted by saigaiweb at 19:51| 火山

2011年10月23日

気象庁、降灰警報導入へ、新燃岳など活発化で

鹿児島県の桜島や同県と宮崎県の県境にある新燃(しんもえ)岳などで火山活動が活発になっていることを受け、気象庁は新たに「降灰警報」を導入する方針を固めた。

火山灰が降る量や範囲を詳しく示し、ぜんそくやアレルギーなどの健康被害や農畜産物被害の軽減とともに、道路や鉄道の規制の判断といった防災面に役立ててもらおうという狙い。2012年度に警報の基準値を検討する作業に着手し、13年度から運用を始める予定だ。

気象庁は08年3月以降、各火山が噴火した後、風向きなどを参考に判断した降灰予報を出している。これまでの回数は新燃岳で39回、桜島で6回、群馬、長野県境にある浅間山が1回。しかし示される範囲が都道府県単位で広すぎることと、降灰量が不明なため具体的な対策につながりにくいという課題があった。


読売新聞 10月23日
posted by saigaiweb at 08:34| 火山