2013年09月18日

東京タワーガラス割れ男児けが=展望エレベーター2時間停止―地上2百メートル

17日午後2時半ごろ、東京都港区芝公園の東京タワーで、地上250メートルの特別展望台と同150メートルの大展望台を結ぶエレベーターの窓ガラスが突然割れ、エレベーターが緊急停止した。乗っていた男児(6)が割れたガラスで手の甲などにけがをし、病院に運ばれたが軽傷。警視庁愛宕署が詳しい原因を調べる。
運営会社や東京消防庁によると、エレベーターには当時乗客11人と操作員1人が乗っていた。エレベーターは下降中で、地上約207メートル地点で緊急停止。乗客らは約2時間閉じ込められた後に、降ろされた。ほかの乗客にけがなどはなかったという。
操作員らは「何かが飛んできてぶつかり、いきなりガラスが割れた」と話しているという。鉄板のような物が窓ガラスを破り、エレベーター内に飛び込んだとの情報もある。
特別展望台につながるエレベーターは1台しかなく、観光客約40人は職員の誘導で、階段で避難した。運営会社は当面の間、特別展望台の営業を取りやめるとしている。 

時事通信 2013年9月17日
posted by saigaiweb at 06:22| 台風