2013年09月16日

土砂崩れや増水、列島襲う=各地で被害相次ぐ

台風18号の影響で、各地では被害が相次いだ。滋賀、福井両県で計2人が死亡し、福島、三重、兵庫各県で計4人が行方不明となった。けが人も相次いだ。

滋賀県警草津署によると、15日午後11時50分ごろ、栗東市下戸山で土砂崩れが起き、木造2階建て住宅の一部が流された。同署などが捜索し、この家に住む佐藤由紀子さん(71)の遺体を発見した。
福井県美浜町丹生では16日午前5時40分ごろ、住宅の裏山で土砂崩れが発生したと119番があった。この家に住む女性(77)と連絡がつかなくなり、県警敦賀署や消防が捜索。女性は心肺停止状態で発見され、死亡が確認された。
三重県警津署によると、津市芸濃町河内の県道で16日、放置されたワゴン車が見つかり、乗っていたとみられる名古屋市西区新道のアルバイト女性(41)と小学5年の娘(10)が行方不明となった。現場は川沿いで、路面が浸水していたという。
福島県南会津町古町の伊南川では16日午前10時10分ごろ、「男性3人が流された」と119番があった。県警南会津署などによると、うち2人は自力で岸までたどり着いたが、60代男性が流され、行方不明となった。3人は地元関係者で、アユ釣り用の足場の撤去作業中だった。
兵庫県西脇市野村町の野間川の河川敷では16日午前3時20分ごろ、消防団員が手押し車とビニール傘を発見。県警西脇署によると、近くに住む女性(92)が行方不明となり、県警や消防が川に流されたとみて、付近を捜索している。 

時事通信 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:24| 地滑り