2013年09月16日

大型台風、2人死亡4人不明=京都、滋賀、福井に初の特別警報―気象庁

大型の台風18号は16日午前8時前、暴風域を伴って愛知県豊橋市付近に上陸し、関東甲信を経て三陸沖へ縦断した。西・東日本では15日から断続的に非常に激しい雨が降り、各地で土砂崩れや河川の氾濫が発生。気象庁は16日午前5時すぎ、京都、滋賀、福井の3府県に大雨の特別警報を発表した。

特別警報は警報の上に位置付けられ、発表は8月30日の運用開始以来初めて。3府県とも16日午前11時半までに解除され、通常の警報に切り替えられた。

避難勧告や指示が出されたが、各県によると、滋賀、福井で計2人が死亡し、福島、兵庫、三重で計4人が行方不明となった。総務省消防庁によると、8府県で19人がけがをした。交通機関も大きく乱れた。

18号は16日午後5時、岩手県宮古市の東北東約60キロの海上を時速70キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。風速25メートル以上の暴風域は正午前に消滅した。南東側650キロ以内と北西側460キロ以内が15メートル以上の強風域で、北海道と東北、東日本が範囲内。
18号は16日夜までに北海道の南東海上で温帯低気圧に変わるが、その後再び発達する見込み。大雨のほか、強風や高波に警戒が必要。
17日午後6時までの24時間雨量は多い所で、北海道と東北150ミリ。17日にかけての最大瞬間風速は35〜45メートル、波の高さは6〜8メートルと予想される。 

時事通信 2013年9月16日
posted by saigaiweb at 19:17| 台風