2013年04月26日

浜松・地滑り、新たな斜面崩落…幅約30m

浜松市天竜区春野町杉の茶畑で起きた地滑りで、25日午後10時過ぎ、新たに幅約30メートルにわたって斜面が崩落した。これまでのところ人や建物に被害は出ていない。

静岡県や同市によると、新たな地滑りは、これまでの崩落箇所の東側。崩落は15分ほど続き、推定で1万立方メートルの土砂が崩れ落ちた。茶畑の地滑りは23日から始まり、現場付近の地面に入った亀裂は、26日午後1時の時点で毎時11・1ミリのペースで広がっているため、県はボーリングによる地質調査を中断し、土砂でせき止められた杉川の水を下流に流すバイパスの補強工事を見送った。

読売新聞 2013年4月26日
posted by saigaiweb at 21:23| 地滑り