2011年12月09日

桜島爆発、3年連続で最多更新、噴火活発化、897回目―鹿児島

鹿児島県・桜島の昭和火口で8日午後11時54分ごろ、今年897回目となる爆発的噴火があり、これまでの最多回数を超えた。最多回数の更新は2009年から3年連続となった。

鹿児島地方気象台によると、爆発は2回を除いて、いずれも昭和火口(標高800メートル)で起きた。火山灰の噴出量は増加傾向にある一方で、規模は小さい。大規模噴火の兆候は見られないが、火山活動の活発化の傾向は続いているという。 

時事通信 12月9日
posted by saigaiweb at 19:51| 火山