2011年08月05日

被災地選挙12月末まで再延長 改正特例法が成立

東日本大震災の被災地の地方選の延期期限を現行の9月22日から12月31日まで延長する特例法改正案が3日、参院本会議で可決、成立した。宮城、福島両県の県議選や12市町村の首長選、議員選で再延期が見込まれている。一方、岩手県の自治体は、トップ不在を早期に解消するために選挙を急ぐ。実施か延期か。被災地の判断は二分されている。

産経新聞 8月4日
posted by saigaiweb at 21:56| 震災関連ニュース