2011年06月06日

県教委:被災移住児童ら支援 条例改正案を提示 岡山

県教委は2日、東日本大震災で就学が困難になって県内に移り住んだ児童生徒を支援するため、「県高校授業料減免事業等支援臨時特例基金条例」の一部改正案を県議会文教委員会に示した。6月定例県議会に改正案を提案する。

主な改正点は、被災高校生を対象に奨学金の貸与▽学用品費を給付▽幼稚園児の保育料などの軽減−−などで、基金に「被災児童生徒就学支援等臨時特例交付金」を加えて積み立てる。6月補正予算案に約2000万円を計上する。また県立岡山瀬戸高等支援学校の女子生徒が死亡した逮捕監禁致死事件について、文書による事件概要などの報告があり、新たに県教委の対応が示された。

毎日新聞 6月3日
posted by saigaiweb at 06:31| 震災関連ニュース