2011年05月31日

東日本大震災、児童らの遺族に特別弔慰金

文部科学省は31日、東日本大震災で学校の管理下で死亡した子どもの遺族に対し、子どもたちが加入する災害共済給付制度で1人当たり500万円の特別弔慰金を支給すると発表した。同制度は大災害時には通常適用されないが、被災自治体からの要望や遺族の心情を考慮して初めて特例的に支給を決めた。対象者は岩手、宮城、福島の3県で最大654人と推計され、総額は約33億円となる。


制度を運用する日本スポーツ振興センターに学校側が申請し、早ければ7月中にも支給が始まる。対象は小中高生、高専生、幼稚園・保育所の園児ら。「学校の管理下」は、被災時に授業中や登下校中だったことなどが基準となり、個別に審査する。通常の死亡見舞金は1400万〜2800万円だが、特例の今回は生計維持者の遺族に500万円が支給される災害弔慰金制度などと金額を合わせた。

毎日新聞 5月31日
posted by saigaiweb at 21:03| 震災関連ニュース