2011年05月27日

東日本大震災:民間住宅借り上げの県家賃補助、9万円に引き上げ 福島

県は14日、東日本大震災による避難者の住宅対策の一つ、民間住宅の借り上げについて、家賃補助限度額を6万円から9万円に引き上げると発表した。18日から適用される。

県は5月1日から、特例措置として避難者が自主的に入居した民間住宅を借り上げ、避難者の入居費と家賃を全額負担する救済策を取ってきた。ただし、月額家賃が6万円以下の物件に限られ、対象も高齢者の介護などで避難所生活が困難と市町村が認めた世帯のみ。このため、大家族を抱える避難者などから条件緩和を求める声が上がっていた。

新しい基準では、入居者数が5人以上の世帯(乳幼児を除く)を対象に家賃限度額を引き上げ、対象世帯の条件も撤廃。さらに、震災から特例措置が実施される間に避難者が支払った家賃や、新しい基準での転居を希望する避難者の入居費(引っ越し代は除く)も全額負担する。

毎日新聞 5月15日
posted by saigaiweb at 06:55| 震災関連ニュース