2011年05月08日

災害弔慰金、災害障害見舞金の概要

参考法令「災害弔慰金の支給等に関する法律」(昭和48年9月18日法律第82号)

1 災害弔慰金の支給
(1)実施主体市町村(特別区を含む)

(2)対象災害自然災害

1市町村において住居が5世帯以上滅失した災害
都道府県内において住居が5世帯以上滅失した市町村が3以上ある場合の災害
都道府県内において災害救助法が適用された市町村が1以上ある場合の災害
災害救助法が適用された市町村をその区域内に含む都道府県が2以上ある場合の災害
(3)受給遺族配偶者、子、父母、孫、祖父母

(4)支給額
ア.生計維持者の方が死亡した場合 500万円
イ.その他の方が死亡した場合 250万円

(5)費用負担国 1/2
都道府県 1/4
市町村 1/4

2 災害障害見舞金の支給(昭和57年8月から)
(1)実施主体1に同じ

(2)対象災害1に同じ

(3)受給者(2)により重度の障害(両眼失明、要常時介護、両上肢ひじ関節以上切断等)を受けた方

(4)支給額
ア.生計維持者の方 250万円
イ.その他の方 125万円

(5)費用負担1に同じ


厚生労働省のホームページより
posted by saigaiweb at 08:07| 震災関連ニュース