2011年04月22日

20年間の無利子無担保融資 原発近隣の移転企業を政府が支援

経済産業省と福島県は22日、東京電力福島第1原子力発電所の事故で移転を強いられる企業に対し、融資期間20年の無利子無担保融資を行うと発表した。原発から半径20キロ圏内の「警戒区域」をはじめ、「計画的避難区域」「緊急時避難準備区域」に事業所を持つ約8000社に対し、中小企業基盤整備機構と福島県産業振興センターが融資する。

融資は、事業の運転資金や設備投資に使う資金に限定する。融資額の上限や方法などは今後詰めるが、経産省は融資総額が数百億円程度になるとみている。


産経新聞 4月22日
posted by saigaiweb at 20:10| 震災関連ニュース