2009年11月22日

避難に階段に殺到、窓から飛び降り、パニックの高円寺ビル火災現場

火は天井を伝って瞬く間に燃え広がり、暗闇の中で逃げまどう人々は階段に殺到し、窓から飛び降りた。15人が死傷した東京都高円寺の雑居ビル火災。

出火元となった居酒屋の店内は数分間で火と煙に包まれ、パニック状態に。日曜朝の静けさを切り裂く突然の惨事に、繁華街は騒然となった。
JR高円寺駅南口のアーケード街から約100メートル。ライブハウスやマージャン店などが入る5階建て雑居ビルの2階の居酒屋
が火元となった。


22日午前9時ごろ。友人らと出入り口近くのテーブル席に座っていた女性は、カウンター席の前にある、焼き鳥などを焼く調理場から火が上がるのを目撃した。店員が水をかけるなどして消火しようとしたが、火はなかなか小さくならない。近くに座っていた客が携帯電話で写真を撮るなどしていた。


その直後、火が壁に燃え移った。店員らが驚く間もなく、波を描くようにして天井から垂れ下がった装飾布に引火。火が布を伝って天井全体に燃え広がったのとほぼ同時に、店内の照明が一斉に消えた。

逃げてくださいという店員らしき叫び声に、女性客の悲鳴が重なった。客らは、せきを切ったようにして階段に殺到。暗闇の中で押し合いながら出入り口へ駆けだした。一部の客らは窓を開けて路上に飛び降りた。


店内にいた女性は「暗くて何がなんだか分からなかったが、とにかく逃げなきゃと階段を駆け下りた。一番出入り口に近い席に座っていたから助かったのかもしれない」と恐怖を振り返った。

11月22日信 産経新聞
posted by saigaiweb at 19:10| ニュース