2018年04月12日

1人死亡、5人不明で4棟被害、大分の山崩落

11日午前3時40分頃、大分県中津市耶馬渓(やばけい)町金吉(かなよし)で山の斜面が大規模に崩れ、近くの住宅が土砂に埋まるなどした。

県などによると、4世帯の男女計6人(21〜90歳)が巻き込まれ、会社員岩下義則さん(45)が死亡、残る5人は安否不明。県は陸上自衛隊に災害派遣を要請し、自衛隊や県警、消防など約610人態勢で捜索活動を続けている。

県災害警戒本部などによると、山腹から高さ約100メートル、幅と奥行きがそれぞれ約200メートルにわたって崩れ、住宅3棟が埋まり、1棟に土砂が流れ込んだ。岩下さんは自宅付近で見つかり、死因は圧死だった。市は午前8時、巻き込まれた世帯の他に現場一帯の梶ヶ原地区の4世帯13人にも避難勧告を出した。

大分地方気象台によると、耶馬渓では3月23日以降、ほとんど雨が降っておらず、4月6日に4・5ミリ、7日に1・5ミリの雨量が観測されただけだった。

現場周辺は昨年3月、県が土砂災害防止法に基づき、土砂災害時に住民に被害が出る可能性がある「土砂災害警戒区域(イエローゾーン)」と、さらに著しい被害が出る恐れのある「土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)」に指定していた。政府は11日朝、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。菅官房長官は記者会見で「人命を第一に被災者の救急・救助に全力を挙げる」と語った。

2018/4/11読売新聞
posted by saigaiweb at 10:24| 地滑り

2018年04月09日

島根震度5強で4人けが 鳥居倒壊や土砂崩れ、断水も

島根県大田市を中心に被害が相次いだ。骨折をしたり落下物に当たったりしてケガをした人は、午前5時50分現在、計4人に上る。住宅や店舗の窓ガラスが割れたり、土砂崩れが起きたりして道路も塞がれている。
大田市消防によると、同市内の男性(17)が地震でベッドから転落し、右足を骨折した疑いがあるため救急搬送された。同市大田町に住む男性(58)は、棚から落ちてきたラジオカセットで頭を打つ軽いけが。同市静間町の80代女性は地震の揺れで胸の痛みを訴え、救急搬送された。同市ではほかに、ドアに顔をぶつけてケガをした人もいるという。

島根県災害対策本部によると、同市大田町の市立病院で、屋上の水槽に亀裂が入り、断水。暖房も使えなくなっているという。同市に対して給水車の派遣を要請している。

同市久手町波根西の苅田神社の鳥居が倒れ道路を塞いでいる。大田署などによると、市内各所で住宅や店舗のガラスが割れる被害も出ている。同市三瓶町の三瓶山の周回道路では、直径約1メートルの落石があり、片側通行になっているという。

午前4時50分現在の同市のまとめによると、道路の隆起・崩壊などが23件。建物のひび割れや壁崩壊などが16件。ライフラインも影響を受け、水道管破裂が23件あり、108戸で断水している。
市は50カ所の避難所を開設し、計171人が避難している。

川本署によると、大田市の隣の美郷町では、同町小松地の明光寺の境内で石垣が崩れ、縦30センチ、横70センチ、高さ50センチの岩が落ちた。町枦谷(かたらがい)の町道で土砂崩れがあり、全面通行止め。同町上川戸の町道でも土砂崩れがあり、片側交互通行になっている。

国土交通省三次河川国道事務所によると、尾道松江線の三刀屋木次IC―高野IC間が地震による安全確認のため、通行止めにしたが、午前7時、解除した。

中国電力島根支社によると、大田市内で最大約100戸で停電したが、午前5時2分までに復旧した。島根原発に影響はないという。

2018/4/9朝日新聞
posted by saigaiweb at 09:53| 地震

2018年03月28日

桜島が爆発的噴火 噴煙、火口縁上2800メートルに到達

気象庁は26日、桜島=火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続=の解説情報第024号を出した。
南岳山頂火口では同日午前2時28分に爆発的噴火。噴煙は火口縁上2800メートルまで上がり、弾道を描いて飛散する大きな噴石が7合目(南岳山頂火口より600メートルから900メートル)まで達した。
昭和火口及び南岳山頂火口から1キロを超えて飛散する大きな噴石や、小規模な火砕流を伴う爆発的噴火が引き続き発生するおそれがあり、注意が必要。

2018/3/26西日本新聞
posted by saigaiweb at 21:43| 火山

新燃岳と口永良部島 29日から警戒範囲見直し

気象庁は29日から、新燃岳と口永良部島の噴火警戒レベルに応じた警戒範囲の基準を一部、見直します。

気象庁によりますと、新燃岳の噴火警戒レベル3の場合の警戒範囲は、これまでは火口からおおむね2キロで、活動状況に応じて3キロや4キロに拡大してきました。29日からは、3キロを基本として状況に応じて4キロに拡大します。

また、レベル2の場合の警戒範囲も、これまではおおむね1キロからだったのを2キロとして、状況に応じて1キロに縮小することにします。

一方、口永良部島の警戒範囲は、これまでレベル3がおおむね2キロ、レベル2が1キロでしたが、29日からは、2015年の噴火で火砕流が到達した西側にそれぞれ拡大します。

今回の見直しは、最近の活動状況などを踏まえて行なわれたもので、29日午後2時から運用が始まります。新燃岳と口永良部島は、噴火警戒レベル3の入山規制が継続していて、新燃岳の警戒範囲はすでに3キロとなっています。

MBC南日本放送2018/3/28

posted by saigaiweb at 21:42| 火山

2018年02月06日

大雪、車両千台が立ち往生 自衛隊に災害派遣要請、福井

大雪に見舞われている福井県で、立ち往生している車両は、あわら市と坂井市の国道8号で計千台に上っていることがわかった。上下線で断続的に動けなくなっている車両があるといい、県は6日午後0時17分、自衛隊に災害派遣を要請した。

福井県内では同日午前から除雪作業を進めているが降り続く雪に追いつかない状態となっている。各地でノロノロ運転や除雪作業待ちの車両が列をなしており、その間に雪が積もっているという。
気象庁によると、正午現在で福井市は積雪130センチを記録したほか、富山市では70センチ、金沢市で68センチなどの積雪となっている。

2018/2/6朝日新聞
posted by saigaiweb at 19:59| 気象

2018年01月30日

蔵王山噴火警戒レベル2へ引き上げ 最大の火山性微動で気象庁

蔵王山(宮城、山形県境)で火山性微動が多発しており、気象庁は30日、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から、2(火口周辺規制)に引き上げた。平成22年の観測開始以降、最大の火山性微動が観測され、同庁は小規模な噴火の可能性があるとして、想定火口域の「馬の背カルデラ」からおおむね1・2キロの範囲で飛散する噴石への警戒を呼びかけた。

気象庁によると、30日午後2時18分から31分にかけて、地下の熱水や火山ガスの動きを示すとされる火山性微動が観測された。直近では28日と30日未明にも観測されたが、今回の振幅が過去最大だった。28日からは山頂の南側が隆起する地殻変動も傾斜計で分析され、火山性地震も30日未明から4回起きたという。

空振計には変化がないため、噴火が起きた可能性は低いという。蔵王山では昭和15年の小規模噴火以降、噴火していないが、平成25年から、たびたび火山性微動を観測。警戒レベル運用開始前の27年4月には噴火警報が発表され、同年6月に解除されてからは目立った活動がなかった。

2018/1/30産経新聞
posted by saigaiweb at 17:12| 火山

2017年12月20日

超巨大地震予想。発生最大40%、30年以内 北海道東部

政府の地震調査委員会は19日、千島海溝沿いの地震の長期評価を公表した。
東日本大震災のようなマグニチュード(M)9級の超巨大地震の発生確率を初めて示し、
30年以内で7〜40%とした。東北沖の日本海溝との連動も否定しておらず、
北海道の太平洋岸各地にとどまらず本州まで被害が及ぶ可能性がある。

地震調査委は震源を、十勝沖▽根室沖▽色丹島沖と択捉島沖−−の3領域に分けて検討した。

北海道東部の太平洋岸では17世紀初頭、十勝沖と根室沖の震源域が連動したM8.8の超巨大地震があったと推定。高さ18メートル以上、浸水域が内陸4キロ以上の津波がこの地域を襲い、相当な被害があったとみられる。東北地方への影響は確認されていないが、津波に襲われる可能性がある。

陸地で行われた津波堆積物調査では、このような超巨大地震は過去6500年間に最高18回あり、平均間隔は340〜380年と指摘。現在、最新の発生から約400年が経過し、再来が迫っている可能性が高いと結論づけた。

M8級では、M8〜8.6程度が推測される十勝沖が7%、M7.8〜8.5程度の根室沖が70%程度などと評価。M7級は十勝沖と根室沖それぞれでM7〜7.5程度が80%程度と算定した。

これまで、全国の各震源域で起こる最大級の地震の長期評価を2カ所で行っており、南海トラフ沿いはM8〜9級が70%程度、相模トラフ沿いはM8級がほぼ0〜5%としている。

同時発表された四国地方の活断層の長期評価では、四国地方の全体で30年以内にM6.8以上の直下型地震が発生する確率を9〜15%とした。直下型は震源が浅いケースも多く、
甚大な被害が出る可能性がある。


2017/12/19毎日新聞
posted by saigaiweb at 11:47| 地震

2017年02月17日

金属加工工場で爆発火災 3人火傷で重傷

17日午後2時ごろ、千葉県の金属加工工場で爆発火災が起きた。1時間半後に消し止められたが3人が火傷で重傷。
警察や消防によると、17日午後2時ごろ、千葉県・横芝光町にある「放電精密加工研究所・成田事業所」の女性従業員から「鉄を溶かす炉が爆発して、ケガ人が3人いる」と119番通報があった。従業員とみられる60代の女性1人と30代の男性2人の計3人が火傷のため重傷を負った。火は1時間半ほど燃えて消し止められている。

「放電精密加工研究所」は、航空機エンジンや自動車の部品などを作る金属加工メーカーで、成田事業所では金属を塗装する作業を行っているという。

日本テレビ系(NNN) 2017/2/17
posted by saigaiweb at 19:01| 火事

アスクル物流倉庫火災、鎮火のめど立たず

玉県三芳町上富の通販会社「アスクル」の物流倉庫で起きた火災で、発生から1日経過した17日になっても火は収まらず、消火活動が続けられた。県によると、倉庫は鉄骨3階建てで、2、3階部分が窓がないため非常に高温になり、壁が崩落する危険がある。作業員が入れないため重機で壁に穴を空けて注水しているが、鎮火のめどは立っていないという。

火災は16日午前9時15分ごろ、1階の段ボールが燃えているのを従業員が発見し119番通報。煙を吸うなどして46歳、36歳の従業員男性2人が軽傷を負い、焼失面積は約1万5千平方メートルに及んでいる。消防は付近の県道を通行止めにして消火活動を行っている。

産経新聞 2017/2/17
posted by saigaiweb at 19:00| 火事

2017年01月25日

御嶽山噴火で遺族提訴。「警戒レベル引き上げ怠る」―国、県に賠償請求・長野

死者58人、行方不明者5人を出した2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境)噴火で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、死亡した登山者5人の遺族11人が25日、国と長野県に総額1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。

御嶽山では噴火前の9月10日に52回、同11日に85回の火山性地震が観測された。訴状で原告側は、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)に引き上げる基準の1日50回以上の火山性地震に該当しており、気象庁は遅くとも同12日早朝には引き上げる義務があったと指摘。火口周辺約1キロの立ち入りが規制されていれば、犠牲者は出なかったと訴えている。

県については、山頂付近などに設置した地震計2カ所が13年から故障しているのを知りながら、放置していたと指摘。県は地震計のデータを提供する協定を07年に気象庁と結んでおり、精度の高い観測ができていれば、噴火前に警戒レベルを引き上げられたと主張している。

気象庁はこれまで、火山性微動や地殻変動が当時観測されなかったなどとして、総合的に判断してレベルの引き上げを見送ったと説明してきた。

時事通信 2017/1/25
posted by saigaiweb at 21:24| 火山

2017年01月08日

糸魚川大火、激甚指定困難=防災相「基準に達せず」

松本純防災担当相は6日の閣議後の記者会見で、新潟県糸魚川市の大規模火災について「被害状況の集約が進んだが、基準に達するような被害額の報告は受けていない」と述べ、激甚災害に指定するのは難しいとの考えを示した。
自民党の二階俊博幹事長が昨年末、「地元に寄り添って結論を出したい」と前向きな意向を明らかにしていた。
防災相は「被災中小企業への融資が円滑に行われるよう、既に特例措置が講じられている。激甚指定がなくても十分な措置が取られている」と述べた。 

時事通信 2017/1/6
posted by saigaiweb at 18:25| 火事

2016年10月14日

熊本地震半年、犠牲者110人…仮設9割が完成

熊本地震は14日、発生から6か月を迎える。観測史上初めて震度7を2度記録した地震による直接死は50人に上り、「震災関連死」と認定された55人、6月の大雨による「二次災害死」の5人を合わせ、犠牲者は110人に達した。一方、熊本県内の仮設住宅は必要戸数の9割以上が完成し、道路など生活基盤の復旧も進んでいる。

地震直後、同県内には855か所に避難所が設けられ、最大18万3882人が身を寄せた。13日現在、益城町や西原村など7市町村の9か所となり、避難者も205人に減っている。
県内ではこれまでに4052戸の仮設住宅が建てられ、11月中には市町村が必要とする4303戸の建設が完了する見通しだ。

読売新聞 2016年10月13日
posted by saigaiweb at 06:06| 地震